M&Aに加入して得られるメリット|会社を後世まで存続させる

男性

会社を大きくするには

ビル

M&Aは世界中で盛んに行われていて、日本でもM&Aを行う企業が非常に多くなってきています。M&Aを行う事によって売り上げや利益を大幅に伸ばす事が出来ますし、その企業が独自に持っている技術や情報を入手できるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

もっと読む

時間をかけずに解決できる

メンズ

M&Aをすると中小企業の深刻な問題である後継者不足を解消することができ、かつ従業員の雇用条件の向上などの様々なメリットがあるので人気があります。買主側から魅力的な企業組織にしておくことで、高値で買い取られやすくなります。

もっと読む

案件が増えています

男女

印象が良くなっています

これからM&Aをして会社を大きくしていく経営者は増えていくと予想されています。なぜならば、売却を希望している会社経営者が増えてきているからです。この背景には少子高齢化があります。従業員を雇いたくても期待していたような数を確保できず、また、あとを引き継ぐことができる家族や従業員がいないという会社が増えています。このような会社が従業員の雇用を確保するための選択肢として会社の売却を検討しているのです。以前はM&Aというと、あまり良いイメージはありませんでしたが、今では誤解も解けてきており、選択肢として考える経営者も増えてきています。これは、勇気を持って会社を売却した人が、その後の待遇に満足しているケースが多いことも要因の1つです。

時間を買うことができます

このように、M&Aには売主にとってメリットがありますが、買主にとっても大きなメリットがあります。例えば、時間を買えるということです。新しい事業を一から始めようとすると、従業員を確保したり、ノウハウを蓄積をしたりするのにかなりの時間がかかります。売上もいきなり増えるわけではなく、徐々に増えていくことが多いです。しかし、M&Aで会社を買ってしまえば、まとまった売上と組織を直ちに確保できます。また、買収した会社の顧客に自社の商品をセールスすることもできます。さらには優秀な従業員を確保できることも大きなメリットといえます。短期間で事業を拡大し、売上を増やしたいと考えているのであれば、このM&Aのメリットを大いに活用しましょう。

事業拡大のチャンス

オフィス

M&Aを行うことで他業種への進出が容易になり、自社の事業拡大を狙うことができます。自力で他業種へ参入するより元手がかからず金銭面で有利となるでしょう。また買収先のノウハウを得ることもできます。ただこうしたメリットを享受するにはスマートな統合が必要なのでM&Aの仲介会社の手を借りると良いでしょう。

もっと読む