時間をかけずに解決できる|M&Aに加入して得られるメリット|会社を後世まで存続させる

M&Aに加入して得られるメリット|会社を後世まで存続させる

女の人

時間をかけずに解決できる

メンズ

買主売主双方にメリットあり

企業のM&Aは買主側にも売主側にも、様々なメリットがあるので双方の利害が一致すれば成立しやすいものです。買主側のメリットには、事業やシェアの拡大・新規事業への参入や経営の多角化・自社の弱い部門の強化・新規市場への参入がスムーズになるなどのメリットがあります。売主側のメリットは、後継者不足の解消・会社の存続と従業員の雇用確保・社長業を退いてリタイアすることができるなどがあります。それぞれの企業のメリットをお互いが享受できる為、最近では企業の規模を問わずにM&Aは頻繁に行われています。特に後継者不足に泣かされやすい中小企業では盛んに行われており、大企業の傘下に入ることで会社そのものを存続させたり、事業の継承が行われたりしています。

売却をスムーズにする為に

企業同士の相性が大切になるM&Aを成功させるには、買主側からぜひ購入したいと言われる企業組織を作っておくことが必要となります。買主側も自社の会社を大きく成長させようと考えているからM&Aできる企業を探しているのです。なので、売主側は買主側にとって魅力的な企業である必要があります。その為には、負債を整理し債務を少なくしておくことは必須です。買主側がM&Aしたい企業は、経営が安定していること・収益を上げていること・負債がないことなどがあります。これらの条件を整えた場合は、買い取り価格は高値になりやすく、オーナー社長の場合は、自分の苦労が報われるのを感じることもできます。そして、オーナー社長にありがちなケースで社長が変わった途端、取引も終わり利益が上げられなくなる問題があります。この点も企業組織を工夫し改善することで防ぐことができるのでぜひ、この問題を抱えている場合は組織を作り直しておきましょう。